沖縄でダイビングライセンスを取得した私の話

親友が突然「沖縄でダイビングが出来るんだけど行かない?」と誘ってきました。

以前からテレビ等で海中の映像は観ていましたので、私もそれを一度は生で見てみたいという欲求がありました。そこで親友の申し出を二つ返事で了承し、いざ沖縄へ行くことにしたのです。

しかし後日、親友からの一言に私は驚いてしまいました。親友は「じゃあとりあえず、こっちでダイビングライセンスが取れるところを申し込んでおいたから」と言ってきたのです。

お恥ずかしい話ですが、当時の私はダイビングをするためにライセンスが必要になるとは思ってもいませんでした。むしろ当日にフラリとお店に行って、インストラクターの方たちと一緒にダイビングスポットの上まで船で行って潜れると思っていたのです。もちろんそのようなプランもあるそうですが、それではかなりの制約が付きまとうそうですね。やはり本格的にダイビングを楽しむのであれば、ダイビングライセンスは必須だということです。

すると後日、テキストが送付されてダイビングライセンス取得のための基礎知識を叩き込むことに。これをサボると、沖縄へ行ってからの日程が狂うので真面目にやるしかありません。もっとも内容は難しくは無く楽しんで読めましたが。

そしていざ沖縄へ行くと、2日間の日程でダイビングライセンス取得のためのトレーニングを実施することとなりました。1日目は学科講習、二日目は海洋講習でしたね。とりあえず、海洋講習の時点で感動をするとだけ言っておきます。本当に凄いんですよ!講習を受けながら「これからは、好きな時に行って潜れるんだな」と思い、高鳴る胸が抑えきれませんでしたからね。

こうして滞りなく講習は終了し、二日目の最後にライセンスを授与されました。ハッキリ言って感動しましたよね。ええ。

そして三日目は個人的に潜って沖縄の海を存分に堪能させていただきました。

夢のような三日間はあっという間に終了し、我が家へと帰宅して現実に引き戻されたわけですが、ダイビングライセンスを見るたびにあの時の感動が蘇ります。また近々沖縄へ行こうと親友と申し合わせていますので、その日まで頑張って働きたいと思いますね。