沖縄の海でダイビングを存分に楽しむ

沖縄の海は、ダイビングという観点でいうと、世界中の海と比べても遜色のないレベルの高さを誇っています。だから、ダイビングをするならば国内ならば沖縄、海外ならばモルジィブあたりが海の青さと差し込む光のコンビネ-ションを楽しむにはうってつけといえるでしょう。ダイビングを楽しむには、インストラクタ-と一緒に楽しむ体験ダイビングとCカ-ドを取得して、自在に自分の選んだ海に乗り出して、自由に潜りを楽しむダイビングとかあります。体験ダイビングは何回経験しても体験ダイビングにしかならず、何度も体験ダイビングを繰り返すならば、講習をうけてCカ-ドを手に入れる人の方が圧倒的に多いです。

沖縄は、ダイビングするには最好適地であると同時に、 ダイビングライセンスを取得する講習の場でもあるのです。講習はいう顔をも持っています。 一番最初に機材慣れやマスククリア(マスクに水が入った場合、水中で着けなおして水を抜く事)など基本動作を覚えるため、プール講習をする事になっています。昨今、プールは限られる為、小さなショップなどによって浅場の海での講習などに換えられることもあります。沖縄の場合、那覇周辺だと奥武島、北の方だと崎本部なんかでよくやります。北谷の砂辺なども初心者に取っては最適な講習場所であります。

沖縄の島の中の話になりますが、島ステイと本島ステイのメリット・デメリットが考えられます。本島の観光や食べ歩き、買い物など考えるなら那覇ステイでないと時間的に回りません。無理です。一方、島ステイではログブック付けるとやる事が、無くなってしまいます。